忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/06 15:25 】 |
第11回洛南カップ柔道錬成大会2
 
 
今日の大会を振り返りたくさんの成長が見れてとても良い大会になりました。

男子は他チームが三年生メンバーで東方は新メンバーで臨んだので苦戦必至でしたが、終わってみれば優勝でした。

二年生四人も相手がみんな年上でも堂々と戦い抜き特にカンジが気持ちを切らさず最後まで戦えたのは一番の成長でした。
一年三人の成長がすごく見れたのが良かったです。
ごーるは前日指を痛めて欠場と思いきや自ら志願して試合に出場し負けはしましたが一生懸命頑張る姿は今後の活躍を期待させてくれましたし、弱い自分に打ち克てたのだと、思います。

しゅーたは前日高熱を出しましたが復活し試合でも綺麗な大外を決め稽古でも黒帯の先輩を大外でガンガン投げる姿は半年前とは比べ物にならくらい逞しくなりました。
大将で出場したもとみちは基本通り毎日毎日かけ続けている大外を試合でも掛け続けてくれました。三年の黒帯の先輩を技ありで投げることができたのは凄いなー日頃の稽古頑張ってるかなーと思いました。

特に男子は一年三人の成長がみられてすごい嬉しくも、よく頑張ってきたな、
、と思えました。

はくは病み上がりながら小さい小さいガリガリの体でよくがんばりました。
大津はパワーが着いてきましたが崩しの無い技や組手不十分でかけたり
まだまだ試合になると100%の柔道ができていません。意識して稽古をしなさい。
かいとは柔道そのものが完全に良い柔道になってきた。あとは自己努力 自主勉強 柔軟性 でかくなる。意識一つでできることをやりなさい。
女子は翠とほのちゃんは出してやれませんでしたが、稽古ではみどりが良く頑張っていました!!日頃の稽古も凄く頑張るよーになりました!!
ほのちゃんは毎日毎日背負いなげの稽古です。必ずかかりますから根気よく頑張ってもらいます。

大会では二勝し3位に入ることができました。

特にライカが大内体落とし2つの技でポイントを挙げられたのが良かったです。
るなも動きがよくなり連続で技を出せるよーになってきました!あと一歩のキメです)、
のこはダントツの力で三勝
今の稽古をきちっと頑張って三人で優勝するんだと言う気持ちを持てれば
新人戦優勝狙えます
がんばってもらいます。
三年生二人は監督としてよく頑張ってくれました!!
お疲れ様
PR
【2018/09/21 17:47 】 | 松井コーチ | 有り難いご意見(0)
春季大会
新人戦~約半年 夏に向けて心と体を鍛える中でどれほど自分が成長したか? 
一月前の府下個人での課題を少しでも修復できているか?
夏までにやるべきことは?

夏までの大切な期間をどのように仕上げて行くかを見極める大切な大会でもあります。

男子は新人戦で激戦の中3位入賞し、少し自信を付けてはいましたが、残念ながら成長著しいこうせいが怪我のため参加できず、子供たちは少し不安を感じていたと思います。
大会が始まるとこうせいの代打でたいせいが闘志溢れる好試合を展開してくれました。
また3年のシュートが団体戦初勝利をもぎ取りなんとかベスト8までこぎつけました。
相手は新人戦は少し差がついて勝てましたがブリのいない今回は互角です。3月まで吉川先生に鍛えられてきた選手達 強敵です。
先鋒たいせい1年ながら攻めに攻めましたが分け。試合になると固くなる傾向がありましたが出し切ろうとしているのがよくわかりました。
次鋒しゅーと実力では後輩たちと互角ですが普段の稽古の頑張りをみんなが認めてくれています。力も弱く能力も高くは無いけれど一生懸命さではだれにも負けない頑張り屋です。意地を見せてくれシュート!!力の強い相手に振り回され何もさせてもらえません!!でも何とかしようと頑張っています。頭上げろ!!頑張れシュート!みんな必死です。声援に応えようとシュートも必死のパッチです。残念ながら指導が累積され反則負けになりました泣 残念しゅーと 
中堅テッペー瞬殺勝利
副将せーま強豪倉本君に気持ちは見せれましたが強かったね相手が・・
大将こーきに夢を託しましたが、まだまだ体の成長期のこーきにとってにくたいのしっかりしたこを投げ切る筋力がありません、残念ながら優勢勝ち 結果内容負けでした。

女子は前回優勝しましたが、先輩たちの後押しがあっての優勝でした。今回は本物のチームワークが問われます。
初戦から強敵 涼風 吉田さん対ともの勝敗が大きく左右します。
さとこ少し動き固く足がもつれ技あり負け 
ともここで負ければチームも負け、吉田さん対策は特にしていませんが左の相手に対するコツを少し掴んできました。そろそろ勝つかな?と期待していましたが技あり勝ち。
大将まお自信を持って普段通り一本勝ち
そこから決勝までは完勝で再び涼風さんと激突
さとこ互角の攻防から攻めに攻め根性を見せて優勢勝ち
とも今度は落ち着いていたけど笑 寝技でポカ負け
まお気合十分な技で一本

今回は3人全員が助け合って真のチームワークで優勝でした。
子供たちは普段無茶苦茶な稽古を黙々と頑張っているので自信はあったと思いますが不安もたくさんあったと思います。前回は先輩の応援が後押しとなり、今回は後輩の応援を聞きチームワークで優勝できたことが何よりよかったです。

個人
たいせい、はく、せーま、さとこ、3位
とも、まお、こーき2位
てっぺー1位

しゅーと 稽古はよく頑張っています。夏に選手でいるためにはもっともっと頑張らないと・・団体戦初勝利おめでとう!! 試合で強い気持ちを見せるには稽古で強い気持ちを持つしかありません。稽古 努力このふたつをいかにやり切るかです。今のままなら厳しいぞ。まだまだ物足りません。でも強い気持ちを持ち続けろよ!!

せーま 今回は稽古の力が出せてませんでした。良くなってきているのでもっと自信を持とう。
凄く真面目にコツコツ頑張って来た積み重ねがあるから必ずもっとやれるぞ!払い巻も進化したし背負いも払いもどんどん出してニューせーまを見せてくれ稽古は本当に頑張って工夫も生まれています。夏は3年3人でなんとかするんや!!

テッペー 
個人団体ともにすべて圧勝だからと言って天狗にもならず誰よりも稽古を頑張ってることは認めます。日本一も夢ではありません。日本一になりたければもっと学力も上げて勉強も真剣に取り組むことです。好きなことしか頑張れないようでは隙だらけで日本一なんて到底なれません。柔道と同じく心も強くなるように。俺の希望は80Kになって竹島くんと勝負して欲しい。お前の毎日死ぬほど頑張る稽古で竹島君に挑んで欲しい。また男なら強い相手に向かって行って欲しいです。

とも 吉田さんのおかげで稽古も充実して死ぬほど頑張れて柔道も上達してきました。あの涙も   吉田さんのおかげです。ライバルの存在がともをここまで頑張り屋にしてくれています。ライバルは倒すというより超える!という意識を持ってこれからも吉田さんに感謝して恩返しは越えることです。倒すことを考えれば勝ち負けだけです。超えるということは柔道の技、取り組む姿勢、私生活、心、全てにおいて吉田さん以上の柔道家になることです。もしかしたら勝つことより難しいことかもしれません。最後の夏にともが吉田さんを超える素晴らしい柔道家になってることを期待してます。

さとこ 決勝戦 フラフラだったと思います頭も目の前も真っ白になっていたと思います。それ ほど苦しい試合だったと思います。でもあそこで何故根性が出せたのか?試合前に頑張ったから?違います。3年間毎日毎日つらく苦しいことを乗り越えてきたから頑張れたのです。人間関係で辛い事もありました。でもくじけずみんなを信じて頑張って来た積み重ねがあそこで指導を導き出したのです。泣きながら稽古したことも何度もありましたね。たった数日頑張っただけで試合に出せるような天才はうちにはいません頑張って来たからです。最後の夏夢を叶えよう。

まお 初戦ともの頑張りに感動して泣きながらの試合になったね。決勝戦聡子が根性見せてとも   
は負けたけど自分が勝てば優勝・・と思っただけで感動して泣いてたね。3年前こんなに仲間を思いやって涙したり、優勝するなんて・・考えもしなかったと思います。1年生の時何度も話したこと、今では理解してくれて後輩の事もよく見てくれて。柔道は指導した通りの豪快な技を見せてくれています。今の1年生を見ているとお前の1年生の時をよく思い出します。本当に頑張って続けてくれただけでも嬉しいですが。3人仲良しになって優勝という感動まで我々に与えてくれて・・最後の夏まで稽古を頑張って3人仲良しで戦い切りなさい。そしたら結果はどーあれ感動できます。

こーき 雰囲気 技はもー抜群です。今のままゆっくり上達して行けば問題ありません。家庭でもー少し素直にお父さんお母さんに対し接してください。お前のお父さんお母さんは親を物凄く大切にしてはるぞ。稽古がしんどくてもご両親に対しもっと誠実に接してあげなさい。なんとなくお前を見ているとそー感じます。そーいう心の余裕が無ければ本物の強い選手 大きな男になれないぞ。身体だけでなく心も大きく成長してください。

こーせー今回は本当に残念でしたね。お前は物凄く頑張る男やから試合に出してやりたかった!この悔しさは絶対忘れず夏に爆発させろよ。努力努力で能力の高い相手にも立ち向って根性で勝ってくるような選手になってください。お前ならなれる!

1年生男子 全員稽古に対する姿勢 気持ちが物凄く上がりました。稽古は死に物狂いでやってま 
す。はくは技をどんどん繋げるようになりましたし得意の足技を磨きに磨いて頑張ってます。たいせーは動きの中で崩して技に入れるようにすこしなりました。試合で結果を恐れず思い切り入れるよーになりました。かいとは潰れる技がほぼ無くなり組手や体捌きもしっかりしてきました。何より無茶苦茶稽古を頑張るようになりました。かんじはひたすら内股を磨いています。3年で必ず爆発しますので本人が一番期待してると思います。

1年生女子 大会翌日みんなで優勝祝いを先輩の為に買い物に出掛けたことを聞き、凄く嬉しく思
いました。東方館は勝つことより仲間を大切にすることを大切にしていますので先輩の頑張りで感動してくれたことが本当に嬉しく思いました。るなは毎日自転車通学大変ですが頑張ってます。帰宅したら必ず連絡くれます。らいかは学校帰りに道場に来てくれてます。のこは稽古も3人の中では一番きついことをやってますが頑張れるようになって来ました。女子3人も必ず仲良しにさせて東方館らしくのびのび試合も私生活も出来るように頑張らせますので、長い目で暖かく見守ってやってください。

柔道は武道 道です。試合をゲームとは呼びません。結果が全てではありません。過程(道)内容が大切です。

大会前日 とも まおがたまたま残っていたので二人に話したことなのですが、結果が気になるか?不安やな?わかるよ。
でも柔道てゲームじゃないんや、ごまかして勝っても意味が無いし勝つことだけに拘るもんじゃないんや 何が大事か? 
明日の試合までお前らが歩んできた道 振り返ってみなさい どやった?一生懸命やったか? やったよな・・・それでえーんや。

前回の新人戦から必死で日々稽古してきたな 今日までの道 が残ってるよな? その道はどーや頑張って来た道やろ? 
じゃあ明日はそれを出すだけや であかんとこあればまた修正して新たな道を進んで行くんや。その繰り返しや だから勝つことも大事やけど勝つための道が一番大切なんや という話をしました。

最後に とも お前無茶苦茶頑張って稽古するようになったよな。もし明日吉田さんに勝ったら泣くやろ? そんだけ頑張って来たからや。泣いたらえーねん
俺もお前の頑張りを見てるから泣いてしまうわ。 明日は俺を泣かしてくれ と話したら現実になり本当に泣けて来ました。

高校生になれば学校の名誉もかかってきます。勝負が重要にもなります。でも中学生まではやはり 道を指導して努力の大切さ仲間の大切さを1番に指導しないとだめだと思います。

柔道の目的
精力善用自他共栄 柔道の究極の目的は世の補益 
柔道を通じて社会に必要とされる人間作り

昨今 勝ち負けしか興味の無い指導者 保護者が増える中東方館 林館長は道場創設以来ぶれることなく上記の精神を1番に、道場を運営されています。私も含めて保護者の皆様も今一度柔道の意味を忘れず覚えておいて欲しいと願います。
【2017/05/15 17:32 】 | 松井コーチ | 有り難いご意見(0)
男子 奇跡は簡単には起こせない・・・  女子 東方らしい柔道で萌を全国へ  
奇跡は起きかけた・・・
男子決勝戦 全員が泣いていた。選手だけでなく道場生16名全員泣きながら試合に臨んだ。
保護者もОBも東方関係者ほぼ全員と言っていいくらい泣きながら決勝戦を見ていた。
 
佐藤先生が試合後「普通泣きながら戦うと弱くなるのに強くなってましたねー」
 と仰って下さいました。

大会前「男子も女子も勝っても負けても全員で泣けるような、そんなチームにならなあかん、それが東方館や!それが伝統や」と話していました。

前回の市内予選今一つ元気が無く私にきつく叱られ、怒られ稽古も厳しくなり身も心も疲れ果てていたと思います。

何か子供たちに刺激を・・と思い、インハイ前の大事な時期に国際の稽古を見せてやりたいと思い全員で物凄い稽古を見て何か感じ取ってくれた気がしました。

疲れと気分転換の為に1日完全休養を取らせ大会前日は短時間で終わりました。すると男子がずーっとミーティングをしていました。私は子供らに普段通りやるだけや、学園も同じ人間やなんとかなる!!俺に今まで散々怒られてきたんやし俺を泣かしてくれ!!感動させてくれ!!そんな試合をしてくれたら自ずと結果は付いてくるわ。と・・

大会当日・・アップから気合が違いました。おーー凄い。すでに感動してました。子供らは普段通りしっかり声を出し一生懸命、全員で頑張りました。
ベスト8までは順調に勝ち上がりさーいよいよここからが大一番です。

藤森にはほんの2か月前実質4-1の大差で完敗していました。春のチャンピオンが3人いますし体格的にも全然違いました。また能力的にも凄い選手が揃っています。さぁどーすれば勝てるのか??
もちろん対策はゼロです笑 自分たちを上げるしかありません。技を磨くしかありません。相手の研究して勝ってもその場しのぎです。次に繋がりません。子供たちには今日のこの日のために無茶苦茶苦しい稽古してきたな。絶対勝てるぞ全部出すぞ。技や!!正直普通に見ても勝てる相手ではありませんでした。でも子供たちは3年間毎日毎日繰り返してきたことをこの一番大事な大会の大一番で出してくれました。決勝も奇跡は起こるのか???頭の中を少しよぎりました。それと、よー頑張ってきた!中学稽古に上がって来た時、毎日怒られ怒鳴られしながらも一生懸命付いてきてくれたことを思うと涙が止まりませんでした。試合中涙が出るのはよくありますが準決勝途中から泣きながら決勝戦ったのは初めての事でした。

れつも戦ってた・・3年で選手になれなかった烈ですが悔しい気持ちもあったと思いますが同級生と一緒に戦ってくれてました。れつには選手なりたければもっと頑張らんかい!!俺は今まで小学生も見てた時は上の学年を優先してた。でも中学生に関しては3年生が強くなるように選手に入れるようにと思って指導してきたけど3年やから選手にしたことないど、お前を選手にしたら今までの先輩にウソついたことになる・・と、でも3年みんなでトレーニングしたり3年5人での絆は深かったと思います。れつも本当に一生懸命でしたが私の中で少し足りないものがありました。それは本人が一番わかってるはずです。
  
準決勝
先鋒よや 対する南崎君能力の差は歴然でした、しかしこの日の為に私は子供たちにひたすら前に出る稽古を何度も何度も繰り返しやらせてきました。ヘトヘトで倒れるくらいこの稽古を繰り返しました。通称 縦 です。よやは実力的にも上かもしれない相手にひたすら前に出て気持ちを出して戦い切ってくれました。凄いなーよや、と思える内容でした。

南は小学生のころから何度も戦ってきた丹波君数年前は逃げ回っての判定負け・・・。この時保護者席は大拍手・・逃げてるのに拍手て・・・この時東方館の危機を感じたので凄く記憶に残る試合でした。確か私は南にぼろかす怒りました、逃げていないで一本取られて来い!!と。今回はびっくりするほど自信満々で堂々と戦いましたが一本負け。負けましたが気持ち良い中学生らしい試合でしたし何も怒ることはありません。逆に褒めてやりたかったです。

てっぺーは春に豪快な一本負けを喫した北口君今回も取るか取られるかの物凄い試合でした。強い相手になるとすぐ掛け逃げを連発するテッペーはもーいません。

力は受けの強い小林君非力だけに技が通じるか不安でしたが、前回のブログ通りチャンスで思い切り集中して大外刈りを掛け切り見事に一本!!!この瞬間私も泣いてしまいました。朝が残っていますが勝敗ではなく力がこの日の為に妥協することなく毎日毎日それこそ必死で技を磨いた成果が爆発したことが嬉しくて・・・そしてこの瞬間、力自身も自分の努力してきたことが実った嬉しさで感動してしまい泣きまくっていました。それほど技を磨くということは過酷で大変なことなのです。たった一勝かもしれませんが力にとってはあの大外刈りに3年間の死ぬほど辛かった稽古が凝縮されてたのだと思います。私も涙が止まりませんでした。

大将朝太郎は力の一本で気合全開です。対八木君の為に磨いて来た左の片襟背負いでみんなを決勝に導いてくれました。あの瞬間は本当に鳥肌が立つほどでした。私は大将で絶対朝がとってくると確信していましたが、勝った瞬間は朝が大きく見えました。藤森に勝つこともある意味奇跡でした。小さい東方が藤森にカツとは会場にいるほとんどの人が思ってなかったと思います。やっぱり柔道は技だということを改めて痛感しましたしみんながわかってくれて後輩たちも諦めないことの大切さや俺も、私もいつか技を完成させるぞ・・・となってくれたと思います

準決勝直後時計係の2年生女子を見ると全員がタオルで顔を拭い号泣していました。それを見たら余計涙がこみ上げて来ました。何故泣けるのか??毎日毎日3年男子が一生懸命稽古にとり組んでいる姿を間近で見て一緒に稽古しているからなんです。これこそが東方館だと思いました。
「おい、あんな試合見せられたら泣けてくるよな」と女子に声を掛けたと思います。この3人も含めて選手7人が決勝前円陣を組んで気合入れていくぞーオー!!  この時私も含め全員が感動して泣いていました。恐らく観客席の仲間も大半の保護者も泣いていたと聞きました。
いつも冷静な館長さえも涙が止まらなかったそうです。

いよいよ決勝戦子供たちは決勝に来れたことの喜びで感動して泣いてはいましたが燃えているのも分かりました。やるぞ!!という思いは消えていませんでした。
5人ほとんどが泣きながら礼をし試合に臨みました。

よやは竹島くん普通にやってはどーにもならん、と闘志全開で動きに動きかく乱して何とかしてやろーという気持ちは凄く伝わりましたが残念ながら負け・・しかししっかり組んでちゃんと柔道ができていました。組まずにクルクル回ってべチャンのよやはもーいません、堂々と組んでしっかり投げられて受身して負ける。小さくても正しい柔道です。負けてまた頑張る 繰り返しです。

実は決勝並んだ時に学園のオーダー知りました。本気で学園は来てくれた。嬉しかったです。
南にだけ作戦ではなく勝つための技を対あべちゃんの為に約1年ずっとやらせてきました。
決勝もたいせーは余裕で倍ほど大きいあべちゃんを上手くいなして力を出させませんでした。たいせーも絶対チャンスが来ると待ってたと思います。私もたいせーに絶対チャンス来るから出せよと怒鳴り続けてました。その時でしたたいせーがこの時の為に何度も何度も繰り返し稽古してきた技を出すチャンスが来ました!!!あべちゃんが豪快な技を出すタイミングに合わせてたいせーが返しに行きました。ヨッシャー!!技の決まりは浅いものでしたが結果的に反則を誘発し反則勝ちでした。但し勝つための技ではありましたが将来的に懐の深いたいせーにとって大切な技になると思ったからやらせました。決して勝つためだけにやらせたのではありません。

てっぺーも1・5倍ほどある、金山君 6年時は恐れて逃げてばかりでしたが、堂々と組み合ってまさに好試合 どっちかが必ず投げるだろうと思う激闘でした。これぞ中学柔道という気持ちいい試合でした。まず有効を取られましたが気弱な面は全く見せず大好きな先輩の為に絶対勝つぞ!!という気持ちがビリビリ伝わってくる試合でした。応援もいけいけーーーてっぺーいけー
しかありません。東方の応援に技術はいりません気持ちだけです。残り時間30てっぺーの必殺大内ーートントントンと追って行きますいけーーー 有効!!!館内大喝采よっしゃー!!
この時絶対勝つと信じてた学園ベンチも嫌な予感がしたと思います。結局引き分け 残念

私はどっちが勝ってるのかいつも通りわからず泣 西村先生にどっちが勝ってんの?と聞いてました。りきは先ほどの同点一本の興奮と感動がまだまだ続いており泣きまくっての決勝戦 攻めてはいるものの肉体の限界で力が出ない感じでした。そんな力を見てると怒る気にはなりませんでした。りきは絶対手を抜かず強くなると信じて私の考えた稽古メニューを黙々とへとへとになっても頑張り続けてくれていましたから。力尽きて抑え込まれましたが、本当に稽古を頑張っていました。身体能力が低くなかなか強くなれませんでしたが努力に努力したことがあの大外刈りに表れていました。あの一本は忘れられません。

大将朝 何度怒られたことか?何度叱られたことか?ほぼ毎日毎日注意され自分自身柔道が嫌いになったこともあるかと思います。俺も正直 しんどかった 逃げる癖 技を出せない精神 大きな声をだせない 手を放す 腰を引く 思い切り勝負できない 前屈みになる 全ては勝つことばかりに気持ちが行ってたことから直して行かねばならなかった。根本的な改革からでした。負けてもえーねん 強くなる柔道 正しい柔道 とは?たくさん話もしました。真っ暗な道場で精神を鍛えるために稽古もしました。そんな朝が最後の大一番で物凄い良い柔道をしてくれました。一本を取って代表戦 俺がやったる!!というまさに東方館魂の柔道でした。前に出て何とか背負いで一本取るぞ!!気持ちが物凄く前に出ていて見てるだけで涙が出て来ました、止まりませんでした。あの朝がここまでやってくれてる。朝ありがとう!!という気持ちが湧いてきました。途中八木君の渾身の大外刈りも必死のパッチで受けて残し、背負いでも一本取れるんちゃうか!!と思える気迫のこもった技でした。残念ながら非情のブザーが鳴り 学園に負けました。
その瞬間後輩たちが嗚咽しながら号泣していたそうです。それを後から聞いてやっぱり東方はえーなーと思いました。

結果は負けましたが私がいつも子供たちに言う勝ち負けの先にしかみえないものがある 子供たちは今回それが見えたと思います。言葉で表現するのは難しいことですがなんとなく感じてくれたと思います。奇跡を起こすには並大抵の稽古では起こせない・・・山田先生が高校生にいつも話されてました。今回奇跡は起きかけましたが、起こせなかったということはまだまだ稽古が足りなかったのだと思います。来年こそ奇跡が起きるようにまた起こせるような稽古をして行こうと思います。3年生奇跡というのは並大抵の努力では起きません。でも起こしかけたということは君たちは物凄い努力をしたのだとおもいます、もしこの先絶対無理だと思うような壁に当たった時今回の事を思い出してくださいそして今までより少し多く努力してみてください。奇跡は起きるかもしれませんよ。
 
女子は怪我をした萌を絶対全国の舞台に立たせてあげよう!!というのが合言葉で女子全員が必死で稽古に取り組みました。2年生も萌を一生懸命励ましてくれました。いまり、なつきは今まで以上に稽古に励んでくれました。それが嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。入院時は毎日のようにみんなが見舞いに行くという仲の良さで、元々の関係を振り返ってもよくここまで全員でわがままを言わず思いやりを持ち合って全員で仲良くしたいし、仲良くして当たり前に変わって行くのがわかりました。そして我々の前に立ちはだかったのは吉川先生率いる下京中学京都滋賀の強豪メンバーが揃い1年生の時から強敵でした。私は子供らに言い続けたのは相手に勝つことや対策を練る事よりも一番大事な高校で通用する正しい柔道をまずせなあかんし基本が大切や。と言い続けました。勝たせて欲しいと思われた保護者の方もおられたかもですが東方館は昔から勝たす柔道はしていませんさせていません。子供たちはひたすら自分を上げる稽古強くなるための稽古を繰り返させました。いまりは背負い投げと足技 なつきは体落とし 足払い 寝技
合い四つの支え 萌は基礎体力アップとひたすら大外刈
智美は3年まで焦らず基礎作りと思っていたので萌の怪我で試合に出ることになり逆に負けられない気持ちが強まったかも?とおもいます。でも負けても負けても上野さんに立ち向って行った事は必ずいい思い出になるでしょう。

夏季大会では1-1の内容まで迫りなつきもあと一歩まで佐藤さんを追い込みました。気持ち的には上り気味でうちが有利かなと思っていました。
全中予選の前も女子3人で残って楽しく研究を繰り返していました。私は個人的に対策も作戦もなにも伝えていません。自分らで頑張れと言い続けてました。
 
遂に決戦の時が来ました。

準決勝学園戦は佐藤先生の性格からして男子がひやっとさせられたので女子で一泡吹かすぞという気持ちが読めたので、智美にはバタバタさせないで落ち着いて試合をさせようと思い自分の形に拘らせました。実力は上と思われる小室さんと分けたことでなつきが落ち着いて戦えました。体落としで投げて抑え込み。いよいよ決戦です。

ここまで来たらもうやるしかありません!!
試合に出るのは3人ですが間違いなく萌は3人の心の中で戦っていました。まお、さとこ も含め女子全員が畳の上で試合をしている気がしました。それほど東方のチームワークはどこにも負けない自信があります。先鋒いまり 萌の分までそー思ってなんとか投げようとしますが、相手も最後です必死です。みんなの声がいまりには届いていました、気持ちも出ていましたが取り切れず分け。中ともみ2年生で精神的にも辛かったと思いますが最後まで闘志を出して戦ってくれました。残念ながら負け。いよいよなっちゃんの登場です。私も応援しながら泣けて来ました。なっちゃんがんばれー!!もえのぶんまでがんばれー!!子供たちは一生懸命 応援し、戦ってくれていました。なんか・・・・それだけで嬉しくて涙があふれました。なっちゃんは疲れも全く見せず攻めに攻めて取り消されましたが足払いで有効を取りました。しかし非情のブザーが鳴りました。本当によく頑張った!萌も苦しいリハビリよく頑張った!選手たちは萌の為に良く頑張った。 

試合後 下京の選手たちが来てくれて抱き合って泣いていた。お互い必死で戦った者同士でしか味わえない気持ちだと思う。こんな気持ちになれるほどお互い頑張ったのだとすれば素晴らしい中学柔道だったと思います。 下京の子供達 吉川先生ご苦労様でした。そしてありがとう!

熱い熱い夏の予選は終わりました。1年前男女共に学園に負け来年は勝つぞ と心に決めて1年間子供たちは必死に頑張ってきました。しかし今年も夢は叶いませんでした。でも1年間物凄く頑張ってくれました。私もたくさん子供たちから感動をもらいました。本当にありがとう

れつ 個人では富原君の反対なら決勝行く力は着いたと思いましたが、残念ながら8で富原君に負けました。でも府下では一番良い試合でしたね。
最後の団体出してやりたいなーと思ったけど出してやれなかった。そこまでに育てられませんでした。お前は悔しい気持ちを持って高校まで努力してみんなを負い抜け。もしこの気持ちを持ち続けられたら絶対良い人間になれるし柔道も強くなれる。肉体的な資質もあるし素質はたくさんあります。気持ちを強く持って継続してコツコツなんでも積み上げて行きなさい必ず成果が表れますから。1年時どーでした?毎日怒られて道場出て行けと言われてませんでしたか?今そんなことありますか?ないよね?凄い成長やん。人を笑わせたりおちょくるのは抜群に上手いからその賢さを勉強や柔道に生かそう。
大槻杯はれつだけ3年出して優勝させてやりたかったけど組み合わせが悪かったな泣 それでも内容は凄く良かった内股も決まったし 柔道がお前はちゃんとできるし、奇麗な柔道や。必ずまだ伸びる。卒業まで半年絶対俺に怒られるなよ。で、最後の岡山は先鋒でカッコいいとこ見せてくれ!!

よや 南ざき君との試合ほんま良く頑張った前に前に出まくってたね!!個人準決勝の背負いも見事でした!
泣き虫よやの泣き虫はもーいないね!! 毎日俺に叱られて出て行け言われて、段々泣かなくなったね。投げられるのを嫌がるのを直せとこれもよく怒られてたね。逃げるな!!これもよく怒られたね。最初は怒られてばっかりできつかったと思うけど。全て克服してカッコ良くなりました!!色んな人によや変わったね と言われたけどお前が一番嬉しかったやろなーと思います。全国は出れなかったけど近畿でやったら!!と思ってたのに、怪我・・・辛かったと思います。でも怪我するということは神様がまだ近畿出るな もっと力付けろと言ってると思って基礎体力の向上に努めてください。初芝では団体個人大活躍を期待してますよ。小さい子が多いからお前の活躍で後輩が増えるぞ!!
 
りき お前はほんまにコツコツ頑張ってきた。小学生時強かったから自分ではもっとやれるはずやと悩んだと思う 俺はお母さんに強ならんで時間かかるで・・そこは分かったって下さいね。と最初に伝えたと思います。少しづつ良くはなって来ていますが非力なんでそー簡単に強くなるのは難しいものです。でも非力なとこを補うのも技しかありません。大外背負いコツコツ磨きに磨き続けて来た技が前述した大一番で飛び出しました。まさに前回のブログで書いたとおりになりましたね。あの涙は本当にコツコツやって来たものにしかわからない涙だったと思います。私は一番近くで力の努力を見ていたのでたぶん力と同じ味の涙が出ていたと思います。いつか強くなって勝利の涙を流してください。でもその味は今回と同じでコツコツやり切った味がすると思いますよ。またそーでないとだめだと思います。個人では体力が残ってなくて投げられてしまったけどお疲れさん よー頑張ったという言葉しかみつかりませんでした。国際でザンスを抜けよ。

たいせー ガリガリで非力やのに誰とやってもガップリ組め 手を離すな 組手を切るな 相手の技をちゃんと受けろ 組手を嫌がるな よーするに成すがままに先輩にボロ雑巾のように投げられまくる日々 辛かったと思います。絶対強くなるから・・そーせー と言われたものの 何時??俺強なんの・・・絶対ウソやん・・と諦めかけた日もあったと思います。弱気になるな!とどつかれたのも数回ではありません。でも私は小さい頃から見ていてきちんと柔道させたら絶対強くなると確信してました。誤魔化しの柔道ではなく本物になれると思ってました。しかしながら強くなったのは3年の6月くらいでした。本物の柔道で強くなるには時間がかかるのです。団体戦でもガリガリながら余裕の戦いぶりは強くなったなーと思えました。特に阿部戦は80キロくらいに見えるほど心にゆとりのある戦いぶりでした。個人も緊張することなく自分の力を出しきれてました。キレのある足技や浮き技カッコ良かったです。近畿でも連敗を食い止め 全国では私の機嫌を損ね笑 ある意味たいせーは苦労して苦労して本物になった我慢の王者です。 私に一番愛のむちをくらったのもたいせー笑 
国際でも本物になれたら本物の本物や!!

あさたろー お前ほど怒られた主将いませんでした。でも全中予選でお前ほど必死で強敵に立ち向ったやつもいません・・・最後の最後に主将としての仕事を全うしてくれたね。全中予選当日はアップから決勝まで自分たちでしっかりやれた。普段通りいやそれ以上の試合を見せてくれました。思えばあさもほんまによく怒られましたね。怒るこっちも根負けしそうでした。でも諦めたらなおるものも治りません。特に負けたくない気持ちが強すぎて腰が引けたり技が出せなかったり、大きな柔道をさせてやりたくて・・大外刈りを磨きなさいと言いました。返されるような技を掛けることで度胸も付き大きな柔道が出来ると思いました。豊田君戦で見せた背負い投げ 八木君戦での前に出る気持ちや闘志はもー感動でした。団体後号泣して立ち上がれないほど悔しい気持ちに朝がなってくれたことがすごく嬉しかったです。個人では朝の技を恐れて相手が引手を持たせませんでした。朝の柔道=技をこわがっていました。朝は大人しい性格でしたが最後はチーム全体をまとめ上げ自分自身も私に注意され続けたことを克服し個人も優勝 近畿3位にもなりました。大人しい弱い小さい根性無いと言われ続けた今年のチームでしたが朝が最後の最後に最高のチームにしてくれました。ご苦労様 あさたろう!!

もえ 怪我をしてからも明るく振舞ってはくれていましたが、内心は泣きたいほど辛かったと思います。でも仲間が何時も萌を励ましてくれていましたね。腕立てしてダンベルしてリハビリ行って単調な繰り返しでつらかったですねよく我慢して辛抱しました。団体並んだ時は出たかったけど一生懸命応援してました!!個人準決勝投げた瞬間のガッツポーズは保護者の方々も感動されてたよ。あの涙には色んな思いが詰まってたと思います。仲間がみんな喜んでました!萌は上がって来て来る日も来る日も大外刈りを稽古していました。少し強くなって来て智美と稽古した時の事覚えていますか?以前なら簡単に負けてたと思いますが互角の稽古を20分ほど行うと初めて苦しくなるほどの稽古だったのでしょう 泣き出してたね笑 しんどいんけ? はい泣
ハーハーなるのが初めてやからや、こんな稽古してたら強くなるからな笑 それから目の色変えて稽古するようになった記憶があります。今回は萌を全国にでしたが最後の岡山は萌が優勝に導くぐらいの試合を見せてください。高校では怪我を克服して大外刈りを磨いて下さい。

いまり イマリが上がって来てまず取り組んだのが、負けても良いんだという安心感と受身の大切さを教えるのに投げられなさい!という指導から入りました。負けたくないから逃げる、掛け逃げをする。強い相手になると柔道が変わる。1年で優勝し余計に負けられないプレッシャーから2年時は試合が面白くなかった気がします。結局は本人のやる気なんです。春季で絞められて負けた時も敢えて怒りませんでした。自分で奮起して欲しかったからです。そしたら次の稽古からまた今まで以上に頑張りだしました。結局そこなんです怒られるからやる。でわ進歩も遅くひらめきも生まれないのです。なにより楽しくないです。個人の決勝では凄くやる気の出てる強いイマリが見れました。1年で出て2年で負けて今年は日本一を目指して近畿全国と戦いましたが、2位と16でした。大会に行って泳いでるチームが日本一なんてなれません笑 当たり前です。でも中学生だからそれくらいで良いんです。泳がしてやらない方がおかしいです笑 高校行ったら泳ぐことなんて絶対ありません。えっ?高校てそんなに厳しいの?厳しいんです。だから成長するんです。いまりも、もえと同じく高校で大活躍してください。飛躍してください。
そしてたくさん応援に来てくださった親戚の人たちを高校でも来てもらえるように頑張りましょう!!

なつき なっちゃんは最初皆と同時間に稽古に来てませんでした。私はまずそこを厳しく叱り自分勝手な行動から正させました。だから今のようにみんな認め合った仲良しではありませんでした。身体の大きななっちゃんはみんなと同じトレーニングをするとみんなより何倍もしんどいはずです。最初は付いて来れませんでしたが、少しづつ付いて来れるようになりました。同級生も特別待遇だったなっちゃんが怒られてる・・可哀想 となりみんな仲良くなって行きました。そして今では日本一のチームワークです。
なっちゃんに関してはブログでも何度も書きましたが中学で勝つことより高校で通用する柔道。本物を見る目を持った高校の指導者に褒めてもらえるような柔道をさせてあげるのが私の大切な役目だと思い、試合のためや勝つこと、佐藤さんの対策等 は一切と言っていいほどやらずに 高校に行けばもっと大きな相手が増えるから、キチンとした組手や奇麗な柔道ができるような稽古をやってきました。釣り手の使い方を指導しても全然できずにボロカスに怒ったことも何度もありました。試合で勝っても潰れる技や巻き込みでは褒めるどころか怒ってばかりでした。でもなっちゃんは柔道の内容や何故ダメなのかを凄く理解してくれて勝っても内容が悪ければ反省する言葉の内容が変わってきました。勝つことより柔道にはもっと大切なことがあるということも凄くわかってくれた気がします。稽古も本当によく頑張りました。私がなっちゃんに関して一番嬉しかったことはある指導者がなっちゃんの稽古に対する取り組み方や、柔道の内容、実績ではなくなっちゃんの柔道が良いから一緒に稽古がしたい、いろんなことを教えてみたいと仰って頂いた事が一番嬉しい事でした。私の中学時代の役目は果たせたかなと思いました。
全中個人では稽古しすぎて疲れが当日ピークに来ていました。そこをなんとか上手く持っていく力が私に足りず、完敗してしまいました。翌日もまだ疲れは残っておりキレが悪かったにもかかわらず決勝だけは気力と根性と萌を全国にという気持ちで佐藤さんをあと一歩まで追い詰めました。気は優しくて力持ち、なっちゃんは今では東方のシンボルのような存在です。高校に行ったら大きい人がどんどん出て来ます。でも努力と工夫で日本一世界一目指してください。

てっぺー 藤森戦 学園戦 ともに根性の試合でしたね!!今大会でも内容の素晴らしい試合の一つでした。来年はお前がみんなを引っ張って優勝して奇跡を起こすぞ!!

せーま 来年はせーまがみんなをびっくりさせるような柔道を見せて優勝するぞ。

しゅーと 大槻杯では奇麗な技が出せていた。努力が実ってきたぞ 凄い事や

まお 理に適った技が出せてる。かっこいーわ 

とも 内容が悪い。崩し。組手。平常心。姿勢。全て克服するぞ 奇麗な柔道できるよーに

さとこ 姿勢が凄く良いぞ 大内返しは見事でした。

こーき ひたすら大外刈りを掛け続ければ必ず強くなるから。信じろ!!

こーせー まだ中学柔道に適応できてない。組手からやね 必ず慣れる

館長  大会前の稽古で私が厳しく叱った後に上手くフォロー入れてくださいました。翌日から子供たちは一層頑張ってくれました。
そして大会を見てくださって全員の前で子供たちを労って下さった瞬間全員ボロボロ泣き出したそうです。館長も思わず泣いてしまったそうです。子供たちは館長の言葉がよほど嬉しく心に響いたんだと思います。いつもありがとうございます

岡本 全国の会場でもめー応援は響いていました。特にひさかの3位は感慨深いものがあったと思います。良かったね。
 

西村先生 暑い中会場で子供らの世話お疲れさまでした。いろんな経験積んで何れ名監督になってください。

接骨院のみなさん 今年も先生方のおかげで子供らは大きなけがもなく、無事大会を終えました。また新チームも色々とお世話になりますがよろしくお願いします。
 
今年も男子は学園の厚い壁に阻まれ全国に出れませんでした。しかし毎年ですがチームワークはダントツだと思いました。私は基本的に稽古はみんな同じことをさせます。選手ばかりたくさん稽古することはありません。だからチームワークが良くなると思っていますし、そうでなければだめだとおもつています。自分がしんどい時、同級生も後輩も先輩もみんなが精一杯頑張ってるそんな光景を作ってあげることが大事だと思っています。
女子は下京さんの3年計画の前に敗れましたが、何も悔いはありません。下京さんは高野を意識し高野に勝つことを一番に頑張ってこられました。ある錬成会で下京来てるらしいから佐藤さんとがんがんやってもらえ。と話していたのに全然しないからなんでや??と聞くと高野とはするなと言われてるそうです。てなこともありました。そのことを賛否両論ありますが少なくとも吉川先生はそこまで徹底されて高野に勝ちたかったわけです。子供たちの為に。一つ言えることは下京さんがいたから我々も頑張れたのは間違いない事です。私は勝負に拘らず柔道に拘りたいです。吉川先生は子供たちの為に勝負に拘られました。私が言いたいのは結局どちらも方向性は違うかもしれませんが一生懸命頑張って競い合ってお互いが成長できたということです。

学園佐藤先生ありがとう
下京吉川先生ありがとう

です。

東方は東方らしい柔道をぶれずにがんばるだけです。
勝ち負けだけでは終わらない柔道だから得られる感動 東方館だからこそ得られる感動を求めて

保護者の皆様今年の夏も多大なご協力ご声援ありがとうございました。
特に今年印象的な言葉がありました。「自分の子供の時より泣けた」・・・という言葉でした。
子供たちにとってこんな幸せな事無いと思います。東方館ていいなーっと思います。

東方館は館長そのものです。大きな視野で道場生保護者卒業生すらも見てくれています。事実卒業生の心配ばかりしています。そんな人あんまりいません。私も好きな柔道やらせてもらってますし感謝しかないです。粟田先輩も東方館のない人生は考えられないと言っておられます。
我々東方関係者は館長への感謝を忘れてはならないとつくづく思います。ブログを書いてるといつもそこに行きつきます。東方よ永遠に・・・・

                                                               


【2016/08/08 21:09 】 | 松井コーチ | 有り難いご意見(0)
夏季大会
2,3年生にとっては勝負を真剣に考える本気の大会
1年生にとっては苦しい稽古を乗り越えやっと試合に出れる喜びと不安の交錯した大会。

男子団体は平均体重で20キロ以上重い八条にガップリ組んでどこまでやれるか?
女子団体は3連勝なるか?

結果は以前の試合内容とは明らかに違う内容であったが5-0で敗戦
女子は危なげなく優勝

男子は小さい体ながら姿勢よく戦い結果は負けたが、東方の子らは本当に良い柔道をすると我ながら思いました。
女子は足技が抜群に上手くかっこよく優勝でした。

今大会に向けて、内容の濃い稽古が凄くできたと思いますし、3年生がグングン上がってくるのがわかりました。1年の頃は男子より女子の方が断然強く見ていても男子が可哀想になっていたほどでした。それでもめげずに私にボロカスに怒られながらみんな辛抱して頑張った成果がやっと3年男子に表れて来ました。大会直前の稽古も高校生の先輩たちに胸を借り男女とも凄く良い稽古が出来ました。先輩たちありがとう!
1年生も中学に上がり約1年しっかり組んでしっかり掛け切ること、潰れる技は掛けない、得意技を作ること負けること投げられることを嫌がらない。このようなことを意識させてきました。
団体
男子3位
女子優勝
個人
優勝2名
2位4名
3位2名

れつ・・よく頑張りました。お前の試合を見て涙が出たと・・・あるお父さんが話されていました。普段はまだまだ怒られることが多いけど、やんちゃな所も残したままカッコいい中学生になってください。

たいせい・・強豪2人に勝ったことより逃げずに大技で勝負し切ったことが一番良かったです。
最近打ち込み投げ込みの形がやっと良くなってきました。内股という大技を自分のものにするにはあと何万回打ち込み投げ込みやらなあかんのかな?

よや・・自分よりはるかに大きい相手にも背負い投げで立ち向かっていました。いつも言われている横を向いてやるなー!投げられることを恐れるなー胸張れー正面に向き合えーほぼ出来ていました。なにより泣かずに試合できました笑

朝・・まだまだこんなもんじゃないですよ!組手 重心の位置 技に必要な軸 等々50%くらいしかまだやれていません。でも必ず理想とする柔道になるから今は悩みすぎずがんがん技を出して稽古しなさい。笑えーーーー!

力・・組んだ感じは良かったぞー!ざんすと似てる。もー少し早く技を出そう!毎日半泣きになりながら稽古を頑張っていますから、必ず技も上達してきます。赤ちゃんの体から大人の体になる時がチャンスや!!

なつき・・足払い 払い腰 試合で素晴らしい技が出せるよーになりました。背負い投げ、体落とし、大内刈り 小さい体を活かして大きい相手の弱点を突くよーな上手い柔道 豪快に投げる強い柔道 両方できるよーに。足払い、払い腰二つの技の入り方みんなびっくりしてたぞ!

萌・・大外刈りなんとかしよーとしていました。大外刈りの達人目指して寝ても覚めても大外大外大外ーーー。で技を磨いて下さい。もえちゃんの試合している姿は間違いなく将来の大物です。先日萌ちゃんの大外受けてすごかったよ!

いまり・・優勝というプレッシャー 小室さんというプレッシャー。勝手に想像して自分を殺してしまいましたね。負ける事なんて全然良いのです。素晴らしい足技 素晴らしい背負い投げ
その二つを徹底して稽古で磨くのです。稽古で磨いた技を試合で試す・・ただそれの繰り返しです。

なおき・・強敵西村君に勝てたのは反復練習の成果ですね。小内刈りじゃなく掛けですが・・
肉体も上がって来ています。これからドンドン強くなっていくと思います。来年のポイントゲッター目指してください。

はるき・・府下のために力を残しておいたのか??勝ち上がりを見ていて凄く強くなったと思えましたし、入門最初の頃は潰れる技が多く見られたのが全く無くなりました。ストロング柔道になりましたね!来週は本気で頼むでーー笑
 
りよー・・頑張ってる。認める。もーこの次はでかくなるだけです!!府下が終われば食べて食べて食べて食べて食べて食べるぞー。俺はダイエットです。最近負けっぷりがドンドン良くなってるぞ。今度は勝ちっぷりを見せてく

こーいち・・3回戦激闘でしたねーあの名勝負を制することが出来なかったのはやはりご飯しかありませんよ!昨日くらい毎食食べてたらすぐ大きくなるよ。毎日怒られる日々から早く脱出したいやろ。そのためには大きい声 きびきびした態度  

りょーた・・まだまだ技が雑です。褒める要素がありませんなー笑 稽古中試合中私をチラ見禁止!!そんなに好きなら写真やるわ笑 将来を見据えてもっともっと技に拘りどんな相手であろうが一本取る。そんな選手になれるようにこれからも厳しくします!!勝ち負け以上に技に拘りなさい。

朴・・細ーーい体でありながら本当に頑張ってる!高橋君との試合では力が違いすぎて怖かったけど立派に戦ってました。部活道場 主将としての役目もできています。後輩思いの優しいきょんが大男と激闘するのを後輩たちは胸躍らせて見ていたはずです。最後の府下で大爆発!!

かんたろう・・団体個人見てくださったいろんな方が感動したと言っておられましたよ!ガップリ組んで大技を狙うかんたろうの柔道はいつも言いますが負けっぷりの良さが産んだ柔道スタイルです。絶対良くなると言い続けて来ましたがここに来て真実になってきた!最後に燃えろー

つばさ・・以前は手も足も出なかった上野君と互角に戦えるよーになりましたね!試合でも上がることなく力を出せています。今日の稽古でもまだまだ上がって来ていますよ!!3年間ひたすら磨いた内股で館内を沸かすよーな気持ちいい試合を見せてください!

りようま・・大会翌日の稽古後黙々とランニングするりょーまを見たとき。試合はどーでもいいと思えました。この努力する気持ちを持ち続けていればいつか必ず花が咲きますよ!りょーまの努力は神様が見てくれています。来週は努力したことをまず出し切ろう!

かず・・残念ながら府下には進めませんでしたが、大会当日の稽古でもクヨクヨせずいつも以上に頑張ってました。その姿を見たときかずの頑張りを改めて思い返していました。運動能力が低く伸びていく同級生をいつも後ろから眺めていたかずですが、いつも明るく前向きに頑張っていました。喘息で苦しい時もみんなと同じメニューをこなし私に休めと言われるまで頑張り続けてました。府下に進めさせてやれずごめんな!!東西対抗頑張ろう!

もえ・・だいぶ大きな柔道になってきた!!試合の度に叱られ怒られ腹も立ったと思いますが、理想の柔道に近づいてきた!高い背負いも出せるよーになってきた。技出しの遅さとチャンスを逃す場面もまだまだありますが、ここから意識を上げて本気で日本一目指せ!あと大外!

かえで・・足技凄く巧くなって来てる。流れの中で上手に技も入れてきた。非力なとこを技でカバー出来てきた!優勝は気持ち一つです。かえでの場合は勝つんだ という気持ちをたくさん持って試合に挑んでください。成せば成る

あまね・・びっくりするくらい良くなってきた。勝部さんのポテンシャルを超えることは至難の業だと思ってましたが、なんとかなるぞ!!必殺の足技で柔道は力じゃない。技だ!ということを見せてください! 頑張れ!!

高木先生・・今大会でもありがとうございました。夏休みになると高木先生と毎日会えるので楽しいです。来週も負けてもニコニコしていましょう。胴上げがありますからズボンのケツにタオルいれておいてください。

大会が続きますと結果に対し一喜一憂します。これは仕方ないことだと思いますが、所詮柔道です。されど柔道ではありますが・・ 中学生にとって全中というのは憧れでもありますし、そのために頑張っているのも事実だと思います。でも東方館は昔から勝つことを目的としていません。勝つために厳しい稽古をもちろんやりますがその目的は勝つことではありません。柔道を通じて思いやり、礼儀作法、等々 人間教育を目的としています。目標は全中であっても目的は勝負ではありません。柔道は相手と触れ合って行う競技です。ですから個々の能力がモロに差として出てしまいます。特に成長段階の中学時期と言うのは成長が早い方が明らかに有利です。だからこそ勝つことだけを目的にしていると勝てないとみんな辞めてしまいます。私は技が上達することが究極の目的だと思っています。 かず は負けましたが中学に上がった頃より間違いなく上達しましたし、出来なかったことがたくさんできるようになりました。それでいいと思っています。勝つことばかりに意識が行くと大切なことが疎かになり道場内がバラバラになってしまいます。強い子が偉いわけではなく弱い子がダメなわけではなく 一生懸命頑張る子が偉いと思います。強い子も弱い子も技が上達するようにみんなが成長できる道場が東方館だと思います。
  
  
  
  
  
  
【2014/07/25 22:15 】 | 松井コーチ | 有り難いご意見(0)
先輩たちの頑張り・・・②
あっちゃん・・服部 敦は3年間本当によく頑張って稽古していた。高校入学時は基礎体力が無く相当苦しい日々だったと思いますが、レギュラーを目指し毎日毎日居残り稽古 トレーニングを欠かすことなくやり続けた。たまに稽古を見に行っても誰よりも一生懸命頑張っていたと思う。そんなあつしがインハイ予選の個人決勝で強敵小沢君に敗れ・・悔しすぎて過呼吸になり病院に運ばれた。それほどあつしは自分なりに努力を積み重ねたのだと思う。山田先生もあつしの頑張りを影でいつも褒めておられた。
あっちゃん・・ほんまによく頑張りました。レギュラーに入れなくてもインハイ出られなくても全然関係ないです。あっちゃんの頑張りは後輩たちの誇りです。
【2014/07/25 21:05 】 | 松井コーチ | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ>>